他では聞けないかも?な予防歯科の話。

長文が苦手な方は↓↓↓

 

hamigaki8020.hatenablog.jp

 


f:id:hamigaki8020:20161218223923j:plain

こんにちは。ようこそハミガキ8020ブログへ。ところで、まだ口の中に歯が残っていますよね?


では、一生涯 その歯を残せるように頑張りましょう!
絶対に残せます! 100%絶対に残せるんです。
正しい知識と ちょっとの努力をして歯を残せると、あなた自身だけでなく、あなたの家族や しいては日本全体にもいい影響があるんです。


このサイトでの予防歯科は単なる歯周病予防や虫歯予防といった事ではなく、生涯に渡って歯を残す!です。
20代、30代、40代、そして50代は歯があって入れ歯じゃないのは当たり前で、本当に歯を失うのは60代以降がほとんどなんです。80歳を越えて、90代、100歳オーバーになったときに歯がどれくらい残っているかが重要なんだと思いません?

中々、若い年代で後期高齢者(75歳以上)になったときの事なんて考えないですよね。でも、還暦(60歳)を迎えてからじたばた真剣に対処し始めるよりも、若い時代からケアをして いかにいい状態で60歳を迎えるかが大事なんです。
歯周病などが かなり進んだ状態で60歳を迎えてしまうと、もし年に1本だけ歯が抜けるとしても70歳までの10年間に10本の歯を失いますよね。80歳までの20年間には20本喪失でしょ?
今どき、80歳は人生のゴールにしては早すぎます。80歳からあと10~20年は普通に生きる可能性を考えておかないといけないから、60歳からのあと40年間は歯を保っていただかないと最後は入れ歯の生活になってしまいます。


予防歯科の話をしていると患者さんからよく言われます。
「先生、私は そんなに長く生きないですから!」
「いやいや、80くらいで私はもういいです!」

僕は大抵 こう答えます。
「もし、80でならね、 それはそれでいいんですよ。人生の最後まで歯があった ってことですから。でも、もしそうじゃなかったらどうします?大変でしょ?人生、想定外ってあるかもしれないですよね? もし90だったらどうしよう...。90越えたらどうしよう...。ホントにね、80だと思っていて、もし運が悪かったら100なんですよ?!! 最高に運が悪かったら110だってあるかもしれない。
保険だってそうでしょ?地震保険、ガン保険、自動車保険、そんなの使用をするのを前提に入らないでしょ?いざと言うときの準備じゃないですか。

歯も80で死ぬのを前提に考えていて、もし90、100だったらどうしよう...って考えないと。100歳以上までを考えとかないとホントに後で後悔しますって!」

f:id:hamigaki8020:20161222142456j:plain



癌にならないためには タバコを吸わない方がいいとか、適度な運動をした方がいいとか色々言われていますけど絶対に発癌を防ぐ方法ってないですよね?

でも、歯を失って入れ歯にならない方法はわかっているんです。絶対に絶対に予防できるんです。そこには運とか抽選とか無いんです。本当は全員が死ぬまで自分の歯で咬めるんです。

現在の日本では、高齢者になって亡くなられるときに9割の方は入れ歯が必要な状態なんですよ。あぁ、ホントにもったいない...。本当は10割全員が助かるのに。

・正しい知識と歯磨きのテクニック
・食い縛り(歯ぎしり)を防いで
・年に何回か歯科医院で歯石を取ってもらってクリーニングをする
これで、死ぬまで大丈夫です。最期まで自分の歯でいけます。
書いてしまえば、本当にこれだけで大丈夫です。
簡単に聞こえません?
当たり前ですけど、出来る人には簡単なんです。でも、殆どの方は出来ないんですよ。だから9割の人に入れ歯が必要なんです。

まず正しい歯の磨き方が出来ない、というよりかやり方を知らないんですよね。入れ歯になりたくなければ、歯と歯肉の境目のところの歯を磨くのが大事なんですが、歯を完璧にちゃんと磨くのって非常に難しいです。ある程度 磨くだけでも普通の人はまず出来ません。半分の50%磨き取れる人が30人に一人くらい いらっしゃるかなぁ...ってレベルです。

ここが非常に重要なので、もう一回言いますね!
ホントに歯を磨くのって難しくって、真面目に一生懸命に磨いても半分どころか20%くらいしか取れてなくて8割がた平気で磨き残します。10割 磨き残す人も全然 珍しくないです。
我々、歯科医師や歯科衛生士のプロですら 磨き残し0%に完璧に磨ける人って100人中に3人はいないと思います。

家に たまたまピアノがあって一人でテキトーに弾いていたら いつのまにか凄い演奏が出来るようになった! なんてことは無いですよね。
書道とかもテキトーに書いてて いつのまにか凄く上手くなって展覧会で入賞! なんてことも無いわけです。


歯磨きも小さい頃からの習慣でやってるだけで、いつのまにか上手く完璧に磨けるようになってる! なんてことは無いんです。
ピアノ、バイオリン、などの楽器の演奏。書道やぺん習字。野球、サッカー、テニス、水泳、あらゆるスポーツ。これらと一緒で、歯磨きも習って、経験して、練習していくしかないんです。
ギターを弾きたい♬ 一回習ったところで弾けるようにならないですよね。
スキー、スノボを始めたい♬ Youtubeでレッスン動画を見たところで滑れるようになったりしないわけです。


なぜか、歯磨きだけは「真剣に磨けば出来るんじゃないの?」 と思ってませんか?

磨き残すのは「時間がなくて..」とか「もう疲れて面倒くさくて..」とか「酔っぱらっちゃうと もう気力がなくて..」とかの言い訳をよくされるんですけど、今日は「時間もある」「気力もある」「やる気もある」ってときでも全然 磨き残るんですって!

f:id:hamigaki8020:20161222145455j:plain


現在、残念ながら歯の無い高齢者の方々だって子供の頃から歯磨きはしてたんです。磨いてないから入れ歯になったわけではないです。
「さぼって歯は磨かなかった」⇒だから入れ歯になった
これなら仕方ないです。だけれど実際のほとんどは
「歯は磨いていた。中高年になってからは気合いを入れて磨いていた」⇒だけど入れ歯になった...。です。

どうやったら歯を失わないように予防できるのか?是非、正しい知識を自分のものにして生涯に渡って歯をキープしてください。


ところで、歯の調子が悪い。気になる。そんなときネットで情報を得ようとしますよね。僕も もし歯科医師でなかったらそうすると思います。

検索サイトで「歯周病」「予防歯科」などの言葉を入れると、全部見るにはいったい何日かかるんだろうという位の検索結果がヒットします。しかし、間違った医療情報もいっぱいありますし、結局は、商品の宣伝に行きつく為だけのサイトもあります。
キュレーションサイト(まとめサイト)のようなものだと医学知識に乏しい人が編集していて内容が支離滅裂なものもあって、首をかしげたくなるような不正確な情報が蔓延(まんえん)しています。とにかく、コピー記事のコピーのコピーが多すぎるんです。

もし、ひとつひとつの記事の内容は正しいとしても 全体としてそれで本当に歯の予防が出来るの?本当に死ぬまで自分の歯で全うできるの?と疑問符が付くのも多いです。
「木を見て森を見ず」的で、重要なポイントがあやふやだったり、どうでもいい視点が書かれてたりして、一般の普通の人が予防歯科の本質を掴むのはかなり難しいんじゃないかな?と思っています。


このブログでの情報に納得して実行して貰えなければ意味ないですよね。ここでの情報に信憑性があると感じていただけなければ、せっかくこのブログを読んでいただいたても単なる時間の無駄になってしまいます。「信じるか信じないかは、あなた次第」なんていうのは全くダメなので、具体的なたとえ話などを多用して書いていきたいと思います。

ここの他の投稿も読んで、是非 人生の最後まで自分の歯でいける実力をつけてください。m(__)m

QOL(Quality of Life)向上の一助になれば...。
ではでは。


↓↓↓ 長文ですけど、ご自身の歯に意識を高めていただければ♬

 

 

hamigaki8020.hatenablog.jp

  

むだ死にしない技術

むだ死にしない技術

 

 

口臭があると言われたら。 口臭は毒ガスで、スメハラの原因にも!

f:id:hamigaki8020:20190512044636j:plain

普段、口臭で嫌な思いをしていても9割の人は相手に指摘できずに我慢しているそうです。逆に言えば、周りの人から指摘を受けないからといって、私たちに口臭が無いとは限らないということです。コミュニケーションを円滑に進めるにも各自が自分の口臭に関心をもつことは必要だと思っています。

口臭があると言われたら?

口臭には色々あります。
・喫煙者の、「タバコ臭い!」
・アルコールを飲んだあとの、「酒臭い!」
・ニンニク料理を食べたあとの、「ニンニク臭い!」

でも、これらは いわゆる「口が臭い!」というのとは次元が違います。
もし「口臭がある!」 「口臭い!」と言われたなら、それは、口の中の歯周病菌が 人を不快にさせる揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)を大量に発生させているんです。

口臭物質の毒性


口臭の原因物質である硫化水素は、温泉や火山などでも発生し、時々死亡事故を起こします。青酸ガスに次ぐ毒ガスで、普通の口臭濃度の0.3ppmでも気分が悪くなるといわれています。
さらにメチルメルカプタンは、低濃度でも生体組織に対する為害性があり、「毒物及び劇物取締法」などの各種法律により毒物に指定されるほどの強力な毒性を持っています。その毒性は青酸ガスに匹敵するとも、それ以上とも言われています。
そのような毒性を持つので、メチルメルカプタンは、歯肉の細胞のDNA合成,タンパク合成,コラーゲン合成を阻害するなどして歯周病も悪化させます。
このように、歯周病菌による口臭は毒ガスと一緒なんです。
このような毒ガスですので口臭は 歯周病の原因だけでなく、体にも害があり、癌の発生原因にもなっています。たとえ微量だとしても、このような毒ガスが口の中に存在することは好ましいことではありません。

 

口臭の原因

放置してある虫歯があると臭いの原因になるときがありますが、この場合は 歯の神経が死んで腐敗しているのに治さないで放置している場合が殆どです。本人も虫歯を放置している自覚があるはずです。ですが、そこまで虫歯を放置している人はそう多くはありません。

人を不快にさせる口臭の殆どは、歯周病菌が作り出すメチルメルカプタンという物質によるものです。
歯周病菌は、様々な揮発性硫黄化合物(硫化水素、ジメチルサルファイトなど)を作り出します。硫黄(イオウ)と言えば温泉。あの卵の腐ったような臭いですね。
メチルメルカプタンはこの中で一番強烈で、血生臭くて、魚臭い、野菜が腐ったような臭いがあり、エタノールの50万分の一、アンモニアの1000万分の一、というほんの少しの濃度でも臭いを発生させます。

歯周病を持っている人は、歯周病菌が産生するメチルメルカプタンの比率が高くなるので歯周病に特有な強い不快臭を発生させてしまいます。

口臭の予防・対策
 
多くの日本人は歯周病を持っています。ですが、普段 強烈な口臭を発生させている人は多くありません。強い口臭がある人は、それだけ歯周病が進んでいて、普段の歯周病ケアが全く出来ていないんです。
口臭対策
強い口臭がある人は、歯間ブラシを使っていません。歯間ブラシを使うようになるだけでも 口臭は激減します。デンタルフロスや糸ようじ では効果がありません。歯間ブラシは口の健康に絶対に必要な道具です。
歯間ブラシを使い始めた最初の数日は出血で血だらけになると思いますが、出血に構わず歯間ブラシを続けることが大切です。逆に歯肉から出血があるならば、歯間ブラシを 歯の間に通すだけで大量の出血がある歯肉に危機感を持った方がいいです。
さらには、歯肉の中(歯周ポケット)でも 歯周病菌が大量に増殖しているはずなので、歯医者で歯石の除去や クリーニングを受けた方がいいです。
この歯間ブラシと歯のクリーニング以上に効果的な口臭対策はありません。歯磨き粉や、デンタルリンス、ガム、などは一時的に口臭をごまかせても根本的な解決にはならないです。

 (絶対に必要な歯間ブラシの記事はこちらで)

hamigaki8020.hatenablog.jp

 


間違った口臭対策
舌の上に付く 舌苔(ぜったい)は口臭の原因になります。ですが、舌苔を取り除こうと、舌ブラシや舌クリーナーなどで舌を磨く必要はありません。
寝たきりの方や、流動食のみ、口からモノを食べれない、などの人は舌苔が付きやすいのですが、過剰な舌苔がない限りは 舌は磨く必要がないです。
舌を磨きすぎると、舌の粘膜と、味
覚を感じる「味蕾(みらい)」を傷つけ、味覚障害の原因になってしまう可能性があります。
全ての舌苔が悪臭を放つわけではなく、酷い臭いになるのは 舌苔に歯周病菌が含まれている場合に限ります。この歯周病菌は歯から舌に移ってくるので、歯を磨くのが大事なのです。
もうひとつ 舌が臭う原因に唾液の不足があります。
唾液が少なくなる睡眠から目覚めた朝などは口臭が出やすいです(生理的口臭)。ですが、唾液が十分に出ていれば、臭いの原因物質は流されて口臭も少なくなるものです。特に食事は舌を圧倒的に綺麗にします。なので、唾液が少なくなる睡眠から目覚めて、朝食を取らずに出かけるのは 口臭を撒き散らす原因になります。
唾液が少なくなる原因としては、
・睡眠時
・長時間、スマホやPC作業をしていて喋らない
・常に口を開けている
・過緊張
・唾液腺などの病気
・加齢
などがありますが、しっかりと食事を取ったり、ガムを咬むなどで対処できるものです。
また、加齢によって唾液が少ない高齢者でも、ちゃんと歯間ブラシも使って プラークコントロールが出来ている方々の舌苔は少ないですし、口臭もありません。

(歯磨きの概念が変わるプラークコントロールの記事はこちら) 

hamigaki8020.hatenablog.jp


最後に。
・在日外国人の72%が、「日本人は口が臭くて残念」と回答。
・在日外国人の約 4 割が「東京オリンピックに向けて、日本人は口臭を改善するべき!」と回答という調査があります


http://www.oralprotect.jp/pdf/newsrelease151001.pdf

 

f:id:hamigaki8020:20190518012518j:plain



f:id:hamigaki8020:20190518012530j:plain

 

f:id:hamigaki8020:20190518012543j:plain

 

 最近は、歯のホワイトニングも広まってきて、白い歯の人が多くなってきました。歯の矯正治療を受けている人も多いです。あとは、口の中のケアが出来て 口臭にも注意を払えると更にいいです。
口臭ケアは、実際に行うことは 歯周病ケアと全く変わりがありません。口臭がある人は歯周病ケアが全く出来ていなくて、大量の歯周病菌が大量の毒ガスを口の中で産生させているんです。
歯周病は、中高年になるまで症状が出ないので、歯周病ケアには前向きになれない方もいらっしゃいます。ですが、「自分の健康のため」には中々スイッチが入らない人も、「悪臭で他人に迷惑をかけないため」になら歯周病ケアにも力が入るのではないかと期待しています。