犬歯のストレッチ。犬歯誘導という咬み合わせになっていなかったらご注意!

f:id:hamigaki8020:20190103213240j:plain


堀江氏(ホリエモン)の「健康の結論」に「犬歯のストレッチ」なる言葉が出てきます。理想的な咬み合わせとされている この犬歯誘導という考え方は少し分かりにくいので、前ブログに引き続き解説してみます。

 前ブログを読んでいない方は、先に こちらをどうぞ。

hamigaki8020.hatenablog.jp

 
今回は、幾つかの写真を見て 自分の咬み合わせがどういう状態なのか 興味を持っていただけたら いいなと思っています。

【おさらい】
・顎を左右に動かしたときに、奥歯で歯ぎしりが出来る状態だと そのうち奥歯にひびが入ったり割れたりします。
・犬歯には 奥歯で歯ぎしりが出来ないようにする役目があります(犬歯誘導)

【ケース1】

上の犬歯がすり減って平ら(写真左)になっていたのをレジンで尖らせて(写真右)復活させてます。

f:id:hamigaki8020:20190108231611j:plain


奥歯が歯ぎしりで負担過重になっていた(写真左)のが、犬歯によってすき間が出来て 歯ぎしりが出来ないようになりました(写真右)。

f:id:hamigaki8020:20190108231647j:plain


普通に真っ直ぐに咬むときは 全部の歯でしっかり咬めてます。

f:id:hamigaki8020:20190108231735j:plain

写真をよく見ると、犬歯や隣の小臼歯に すでに縦ひびが入っているのが分かります。

【ケース2】

上の犬歯がすり減って平ら(写真左)になっていたのをレジンで尖らせて(写真右)復活させてます。

f:id:hamigaki8020:20190108232900j:plain

 

奥歯が歯ぎしりで負担過重になっていた(写真左)のが、犬歯によってすき間が出来て 歯ぎしりが出来ないようになりました(写真右)。

f:id:hamigaki8020:20190108232910j:plain

 

普通に真っ直ぐに咬むときは全部の歯でしっかり咬めてます。

f:id:hamigaki8020:20190108232920j:plain


この方は 犬歯や隣の小臼歯、さらに前歯にも すでに縦ひびが入っています。

【ケース3】

上の犬歯がすり減って平ら(写真左)になっていたのをレジンで尖らせて(写真右)復活させてます。

f:id:hamigaki8020:20190108233549j:plain

 

奥歯の上下間の狭いすき間(写真左)が、犬歯によってしっかりとすき間が出来て 歯ぎしりが出来ないようになりました(写真右)。

f:id:hamigaki8020:20190108233559j:plain

 

普通に真っ直ぐに咬むときは全部の歯でしっかり咬めてます。

f:id:hamigaki8020:20190108233609j:plain

 

上のケース1,2,3は全員が20代です。

犬歯は9~11才で生え変わるので、20代で まだ10数年しか使っていないのに すでに先端部分がすり減ってしまっています。
この すり減りのため、犬歯誘導(奥歯が保護される咬み合わせ)が無くなってしまっています。
まだ20代なので大きな問題は出ていませんが、このペースで すり減り続けると60才前後で奥歯が大きく割れたりします。
真っ二つに割れてしまうのもよくあり、真っ二つの場合は抜歯になる可能性が高いです。
真っ二つは ある日突然やってきます。真っ二つになると歯がグラグラしますし、神経の部分が露出したりしますので、結構 痛い場合が多いです。

 【ケース4】

前ブログにも書きましたが、犬歯の先端をレジンで復活させるやり方は、全ての歯科医院でポピュラーに行われている訳ではありません。

やった事がない歯科医師からは、「レジンで取れない?」と聞かれます。
これには、患者さんによるとしか答えられませんが結構 大丈夫なものです。
もしレジンが取れたとしても、歯を削って足している訳ではないので、何回でもレジンでまたやり治せばいいと思っています。
どちらにせよ、マウスピース(ナイトガード)はあった方がいいと思っていますし、直ぐに取れてしまう方は マウスピースは必須だと考えています。

 

 下の写真1の犬歯の先端は治してから13年目に入りました。
10年以上大丈夫なケースは幾らでもあります。
わざと、元の犬歯より白い色のレジンで治している部分なのですが、分かりますか?

(写真1)

f:id:hamigaki8020:20190109001441j:plain

 

この人は、歯と歯の間にすき間がある方で、犬歯と前歯との間にすき間が見えますよね?
実は、前歯の真ん中にも すき間があったので レジンで すき間を埋めています。これも13年目に入っていますが、肉眼的にも問題ないレベルで推移しています。
レジンは 結構 丈夫な材質だと思っています。

 

 (写真2)

f:id:hamigaki8020:20190109001448j:plain

少し正面から見た写真です。この方向からの見た目だと、犬歯と前歯の間の すき間は気にならないと思います。
前歯の真ん中のすき間を埋めているレジンは、13年目でも劣化が無く、埋めたのが 中々分からないと思います。

 


(若い歯科医師の皆様)
犬歯の先端を修復するときに、天然歯と同じの色のレジンを選択しないで、より白い色のレジンを選択した方がいいです。こうすると、錯視によって 歯が全体的に より白く綺麗に見えます!
近接して見た感じと、離れて見える感じは違うんです。
上の全ての犬歯の先端は2種類のレジンを積層させてます。
長年の臨床で得たコツですねw。歯医者やってて面白いと感じるところです。


 【もし犬歯誘導の咬み合わせでなかったら?】

・夜 寝るときにマウスピースをしましょう。
 
結局は夜中の歯ぎしりが一番怖いので、これが防げるだけで かなり安心できます。

・犬歯がすり減っていて、レジンを足して改善するなら治した方がいいです。

【最後に】
歯を失う一番の原因は 歯周病 です。
二番目の原因は 歯ぎしりを含む 食いしばり だと思っています。
虫歯だけが原因で抜歯になる例は さほど多くありません。過去に虫歯になって弱くなった歯に 食いしばりの過重な力が加わって、歯が割れて抜歯になる例が多いと思っています。
犬歯誘導だから大丈夫な訳ではありませんが、少なくとも咬み合わせ的には有利です。

基本的に、歯は 爪や髪の毛のように 新しく伸びてこないので 消耗品なんです。
長くなった寿命に対抗するためにも、歯の先端がすり減っていたら レジンで治しておく方が安全です。
少なくとも、レジンが付いている間は 歯はすり減らないのですから。