他では聞けないかも?な予防歯科の話。

長文が苦手な方は↓↓↓

 

hamigaki8020.hatenablog.jp

 


f:id:hamigaki8020:20161218223923j:plain

こんにちは。ようこそハミガキ8020ブログへ。ところで、まだ口の中に歯が残っていますよね?


では、一生涯 その歯を残せるように頑張りましょう!
絶対に残せます! 100%絶対に残せるんです。
正しい知識と ちょっとの努力をして歯を残せると、あなた自身だけでなく、あなたの家族や しいては日本全体にもいい影響があるんです。


このサイトでの予防歯科は単なる歯周病予防や虫歯予防といった事ではなく、生涯に渡って歯を残す!です。
20代、30代、40代、そして50代は歯があって入れ歯じゃないのは当たり前で、本当に歯を失うのは60代以降がほとんどなんです。80歳を越えて、90代、100歳オーバーになったときに歯がどれくらい残っているかが重要なんだと思いません?

中々、若い年代で後期高齢者(75歳以上)になったときの事なんて考えないですよね。でも、還暦(60歳)を迎えてからじたばた真剣に対処し始めるよりも、若い時代からケアをして いかにいい状態で60歳を迎えるかが大事なんです。
歯周病などが かなり進んだ状態で60歳を迎えてしまうと、もし年に1本だけ歯が抜けるとしても70歳までの10年間に10本の歯を失いますよね。80歳までの20年間には20本喪失でしょ?
今どき、80歳は人生のゴールにしては早すぎます。80歳からあと10~20年は普通に生きる可能性を考えておかないといけないから、60歳からのあと40年間は歯を保っていただかないと最後は入れ歯の生活になってしまいます。


予防歯科の話をしていると患者さんからよく言われます。
「先生、私は そんなに長く生きないですから!」
「いやいや、80くらいで私はもういいです!」

僕は大抵 こう答えます。
「もし、80でならね、 それはそれでいいんですよ。人生の最後まで歯があった ってことですから。でも、もしそうじゃなかったらどうします?大変でしょ?人生、想定外ってあるかもしれないですよね? もし90だったらどうしよう...。90越えたらどうしよう...。ホントにね、80だと思っていて、もし運が悪かったら100なんですよ?!! 最高に運が悪かったら110だってあるかもしれない。
保険だってそうでしょ?地震保険、ガン保険、自動車保険、そんなの使用をするのを前提に入らないでしょ?いざと言うときの準備じゃないですか。

歯も80で死ぬのを前提に考えていて、もし90、100だったらどうしよう...って考えないと。100歳以上までを考えとかないとホントに後で後悔しますって!」

f:id:hamigaki8020:20161222142456j:plain



癌にならないためには タバコを吸わない方がいいとか、適度な運動をした方がいいとか色々言われていますけど絶対に発癌を防ぐ方法ってないですよね?

でも、歯を失って入れ歯にならない方法はわかっているんです。絶対に絶対に予防できるんです。そこには運とか抽選とか無いんです。本当は全員が死ぬまで自分の歯で咬めるんです。

現在の日本では、高齢者になって亡くなられるときに9割の方は入れ歯が必要な状態なんですよ。あぁ、ホントにもったいない...。本当は10割全員が助かるのに。

・正しい知識と歯磨きのテクニック
・食い縛り(歯ぎしり)を防いで
・年に何回か歯科医院で歯石を取ってもらってクリーニングをする
これで、死ぬまで大丈夫です。最期まで自分の歯でいけます。
書いてしまえば、本当にこれだけで大丈夫です。
簡単に聞こえません?
当たり前ですけど、出来る人には簡単なんです。でも、殆どの方は出来ないんですよ。だから9割の人に入れ歯が必要なんです。

まず正しい歯の磨き方が出来ない、というよりかやり方を知らないんですよね。入れ歯になりたくなければ、歯と歯肉の境目のところの歯を磨くのが大事なんですが、歯を完璧にちゃんと磨くのって非常に難しいです。ある程度 磨くだけでも普通の人はまず出来ません。半分の50%磨き取れる人が30人に一人くらい いらっしゃるかなぁ...ってレベルです。

ここが非常に重要なので、もう一回言いますね!
ホントに歯を磨くのって難しくって、真面目に一生懸命に磨いても半分どころか20%くらいしか取れてなくて8割がた平気で磨き残します。10割 磨き残す人も全然 珍しくないです。
我々、歯科医師や歯科衛生士のプロですら 磨き残し0%に完璧に磨ける人って100人中に3人はいないと思います。

家に たまたまピアノがあって一人でテキトーに弾いていたら いつのまにか凄い演奏が出来るようになった! なんてことは無いですよね。
書道とかもテキトーに書いてて いつのまにか凄く上手くなって展覧会で入賞! なんてことも無いわけです。


歯磨きも小さい頃からの習慣でやってるだけで、いつのまにか上手く完璧に磨けるようになってる! なんてことは無いんです。
ピアノ、バイオリン、などの楽器の演奏。書道やぺん習字。野球、サッカー、テニス、水泳、あらゆるスポーツ。これらと一緒で、歯磨きも習って、経験して、練習していくしかないんです。
ギターを弾きたい♬ 一回習ったところで弾けるようにならないですよね。
スキー、スノボを始めたい♬ Youtubeでレッスン動画を見たところで滑れるようになったりしないわけです。


なぜか、歯磨きだけは「真剣に磨けば出来るんじゃないの?」 と思ってませんか?

磨き残すのは「時間がなくて..」とか「もう疲れて面倒くさくて..」とか「酔っぱらっちゃうと もう気力がなくて..」とかの言い訳をよくされるんですけど、今日は「時間もある」「気力もある」「やる気もある」ってときでも全然 磨き残るんですって!

f:id:hamigaki8020:20161222145455j:plain


現在、残念ながら歯の無い高齢者の方々だって子供の頃から歯磨きはしてたんです。磨いてないから入れ歯になったわけではないです。
「さぼって歯は磨かなかった」⇒だから入れ歯になった
これなら仕方ないです。だけれど実際のほとんどは
「歯は磨いていた。中高年になってからは気合いを入れて磨いていた」⇒だけど入れ歯になった...。です。

どうやったら歯を失わないように予防できるのか?是非、正しい知識を自分のものにして生涯に渡って歯をキープしてください。


ところで、歯の調子が悪い。気になる。そんなときネットで情報を得ようとしますよね。僕も もし歯科医師でなかったらそうすると思います。

検索サイトで「歯周病」「予防歯科」などの言葉を入れると、全部見るにはいったい何日かかるんだろうという位の検索結果がヒットします。しかし、間違った医療情報もいっぱいありますし、結局は、商品の宣伝に行きつく為だけのサイトもあります。
キュレーションサイト(まとめサイト)のようなものだと医学知識に乏しい人が編集していて内容が支離滅裂なものもあって、首をかしげたくなるような不正確な情報が蔓延(まんえん)しています。とにかく、コピー記事のコピーのコピーが多すぎるんです。

もし、ひとつひとつの記事の内容は正しいとしても 全体としてそれで本当に歯の予防が出来るの?本当に死ぬまで自分の歯で全うできるの?と疑問符が付くのも多いです。
「木を見て森を見ず」的で、重要なポイントがあやふやだったり、どうでもいい視点が書かれてたりして、一般の普通の人が予防歯科の本質を掴むのはかなり難しいんじゃないかな?と思っています。


このブログでの情報に納得して実行して貰えなければ意味ないですよね。ここでの情報に信憑性があると感じていただけなければ、せっかくこのブログを読んでいただいたても単なる時間の無駄になってしまいます。「信じるか信じないかは、あなた次第」なんていうのは全くダメなので、具体的なたとえ話などを多用して書いていきたいと思います。

ここの他の投稿も読んで、是非 人生の最後まで自分の歯でいける実力をつけてください。m(__)m

QOL(Quality of Life)向上の一助になれば...。
ではでは。


↓↓↓ 長文ですけど、ご自身の歯に意識を高めていただければ♬

 

 

hamigaki8020.hatenablog.jp

  

むだ死にしない技術

むだ死にしない技術

 

 

予防接種の他に、インフルエンザを劇的に予防する方法!

f:id:hamigaki8020:20190120210450j:plain


【インフルエンザとは】

インフルエンザは、インフルエンザウィルスが、鼻、咽頭(のど)、気管支に感染することによって起こる上気道の炎症のことです。

ウィルスというのは、細菌と違って単独では増殖できなくて、細胞に感染してから その細胞の中で初めて増殖します。

【インフルエンザの感染を簡単に説明】
・第一段階 インフルエンザウィルスが のど などの粘膜の細胞に侵入
・第二段階 侵入した細胞の中で1個のウィルスが24時間で100万個に増殖
・第三段階 この感染した細胞が壊れて100万個のウィルスが飛び出して、更に新しい細胞に感染
・第四段階 第一から第三段階を繰り返す

【ここからがメインの話です】

予防接種でインフルエンザワクチンを打っていても、インフルエンザにかかる人もいますし、予防接種を受けていなくてもインフルエンザにかからない人がいます。
この差の一つに、口の中の綺麗さ(口腔ケアの違い)が関係していると考えられています。

一部の口の中の細菌は、上の第一段階(ウィルスの侵入)第三段階(ウィルスの拡散)の手助けをしています。

・何種類かの口の中の細菌はプロテアーゼという酵素を作り出します。このプロテアーゼは 口やのどの粘膜を守る層を破壊して 感染しやすくさせるので、第一段階のインフルエンザウィルスが 人間の細胞に侵入するのを手助けします。

・何種類かの口の中の細菌は、ノイラミダーゼという酵素を作り出します。ノイラミダーゼは 増殖したインフルエンザのウイルスと細胞との結合を切り離し、第三段階の細胞からインフルエンザウィルスが飛び出すのを手助けします。
実験室での実験では、口の中の細菌の培養液を加えると 細胞外に放出されたインフルエンザウイルス量は20倍以上にも増加しました。
また、口の中の細菌によって タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬の作用が弱まってしまうこともわかっています。

つまり、インフルエンザは口の中の細菌が多い方が発症しやすく、少なければ発症を予防できるのです。


東京歯科大学の奥田克爾名誉教授(微生物学講座)の研究論文「口腔ケアによる誤嚥性肺炎の予防」
http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/bitstream/10130/182/1/105_129.pdf

65
歳以上のデイケアに通う在宅介護を受ける高齢者を対象に、秋(9月)から春(3月)に実施した研究の論文によると、

1・歯科衛生士による歯のクリーニング、歯磨きを定期的に実施した高齢者98人中⇒インフルエンザ発症者 1人

2・家族や介護士、自分で歯磨きをした高齢者92人中⇒インフルエンザ発症者 9人
でした。

つまり、歯科衛生士による歯のクリーニング、歯磨きを受けた高齢者の方々は インフルエンザの発症率が1/10に減ったんです。

重要なのは、
インフルエンザの発症の予防は、単なる歯磨きでは あまり効果がなかった。
インフルエンザの発症の予防は、歯科衛生士などによるプロによる歯磨きによって予防が出来たというところです。

歯科医師、歯科衛生士などのプロによる口のケアは、口の中やのど(咽頭)の細菌数を大きく減少させるんです。
口の中は 約300~700種類の細菌が生息していて、普通の人(歯磨きが上手くできない人)の口の中には約4000億~1兆もの細菌がすんでいます。
インフルエンザの予防には、この口の中の細菌数を減らすのが必要なんです。


「プロフェッショナル・オーラル・ヘルス・ケアを受けた高齢者の咽頭細菌数の変動」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics1964/34/2/34_2_125/_pdf/-char/ja

徳島大学、浜松医科大学の研究者らが、老人ホームの入所者を対象に 5か月に渡っておこなった
調査では、歯科医師、歯科衛生士などのプロの専門家が徹底した口のケアをした場合、入所者の口の中や のどの細菌数は減り続け、5か月後の細菌数は開始前の1/10までに減少しました。
さらに、急性呼吸器感染症の主たる細菌の一つであるブドウ球菌においては、3か月後からは 検出できないまでに減少したんです。

の中の細菌数の減少は、インフルエンザの予防だけでなく、肺炎(誤嚥性肺炎)、風邪の予防にもなります。口の中のケアを行うのは、とても大事なんです。

【結論】

インフルエンザは 薬剤耐性ウイルスの問題もあり、ワクチンや薬剤に頼らない 新たな感染予防および重症化の対策が求められています。
歯科医師、歯科衛生士などのプロによる 口のケアは副作用もなく、インフルエンザの予防や 重症化の予防に効果的なんです。
大事なのは、自分で歯磨きしてるだけでは予防できないというところです。
トレーニングを受けて よほど歯磨きが上手い人でないかぎり、歯磨きをしても 口の中は磨き残した歯垢や歯石で 細菌がいっぱい(4000億~1兆)なんです。

普通の人が歯磨きしているだけで 口の中の細菌を減らすことは出来ません。

予防接種を受けるなら、そのついでに歯医者に行って 歯のクリーニングを受けると更に安全です。インフルエンザだけでなく、歯周病や、心臓病、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、認知症、etc.、の予防にもなりますし!

 (歯磨きは難しいという話)

hamigaki8020.hatenablog.jp